確かで堅固な構造、ワンランク上の品質とサービスをお届けします。

建物強度と耐久性に優れた「ストロングジョイント工法」

    安心住宅 - 震度7クラスの地震を想定

住宅には何が必要か?数ある答えの中で、特に重要なのは「安心」です。地震大国日本だからこそ、震度7クラスの地震を想定した家作りが必要です。 安心住宅 - 震度7クラスの地震を想定
在来工法は、接合部材を互いに削った部材によって接合部分を構成しているため断面欠損が大きく、地震などによる引き抜きの力が発生した場合に破損などの原因となることがあります。 ストロングジョイント工法は接合部に専用金物を使用するため、木材の断面欠損がほとんど無く、耐震性・耐久性に優れ、接合部分の強度が従来の1.7倍、震度7クラスの地震にも十分耐えられます。   

固定ピンで金物同士を接合

ストロングジョイント工法は、木造軸組の「継ぎ手」「仕口」部分(アリ・カマ・ホゾ等)をアゴ掛け金具・ホゾパイプなどの金具に置き換え、接合金具を使用しボルトとドリフトピンで緊結します。ストロングジョイント工法は、在来工法に比べて次のような特長があります。
 
今までも、そしてこれからも愛され続ける「木の家」。ストロングジョイント工法で、「」をお届けします。


賢固な「オール4寸柱」

一般的に3寸5分(10.5cm×10.5cm)の柱を使用し、通し柱のみ4寸(12cm×12cm)柱を使用します。Jホームでは、すべての柱を4寸にし、耐久性の向上に努めております。



安全性の「品質向上検査」

建築する会社のほかに1社のみが検査するのが一般的ですが、Jホームでは会社は当然の事、お客様にも構造などを検査して頂き、更にその他に全く資本関係の無い第三者機関が三社検査を行い、厳しく品質を検査します。

■全棟地盤調査実施

第三者の立場から地盤調査、解析、評価を行うことにより、適格な基礎仕様の選定を行っております。また、地盤事故に対して10年間の保証があり、お客様へ安心を提供いたします。

■フライデイ・チェック

毎週金曜日に、工事部門以外の社員が、お客様目線に立って工事状況をチェックします。誰の目から見ても「高品質な住宅」をお客様へご提供いたします。

  • 施工実績・新着物件 - 株式会社Jホームの施工した実例をご覧下さい
  • 品質・特徴 - 株式会社Jホーム施工内容 自慢の品質・特徴を解説
  • 注文住宅 - 予算内で夢を実現!
  • リフォーム - 少しの修正から対応。自宅の気になる点はまずご相談から
  • 建売用地 / 事業用地 株式会社Jホームにご紹介下さい
  • お問い合わせ - 資料請求ほか、お気軽にご質問下さい
カーテン・窓まわり商品 購入ご検討のお客様へ - 株式会社matusou